体験プログラム

防災体験プログラム例

参加者や目的等によって様々なプログラムの組み合わせができます。
このプログラム例以外に希望する体験科目があればお申込み時にご相談ください。

一般団体の場合

地域ぐるみの自主防災体制をつくるため、自主防災会などのみなさんに体験学習を通して防災に関する知識の習得や災害発生時の備えをしていただきます。

  1. 受付
  2. オリエンテーション 10分
  3. 映像体験 20分
  4. 強風体験 20分
  5. 地震体験 20分
  6. 避難体験 20分
  7. 消火体験 20分
  8. 応急手当ミニ体験 40分
  9. 4Dシアター 迫りくる地下街の恐怖 20分

幼児・小学生の場合

小学6年生までの方を対象に、地震の時や煙から避難する時の要領などについて体験します。

  1. 受付
  2. 防災センターの案内 10分
  3. 映像体験(京都でおこった災害を見よう) 20分
  4. 強風体験(強い風のときはこんなにあぶない) 20分
  5. 地震体験(地震の時にはこうして体を守ろう) 20分
  6. 避難体験(煙からこうして逃げよう) 20分
  7. 消火体験(火事の時にはこうして消そう)※4年生以上 20分
  8. 防災センターを自由に探検 30〜50分

事業所研修の場合

事業所のみなさんが、災害発生時における初期活動等の対応能力を高めるために、事業所の規模や業態などに応じた研修プログラムにより防災研修をしていただきます。

  1. 受付
  2. オリエンテーション 10分
  3. 基礎研修 30分
  4. 消火訓練 20分
  5. 自動火災報知設備・避難器具取扱訓練 30分
  6. 災害時初期対応訓練 60分
  7. 避難体験 20分
  8. 応急手当ミニ体験 40分
  9. 地震体験 20分
  10. まとめ 10分
体験科目一覧に戻る
体験プログラムに関するお申込み・お問い合わせはこちらまで 京都市市民防災センター:075-662-1849