体験プログラム

組み合わせ自由なプログラム

京都市市民防災センターでは、市民の皆さんにより一層の防災知識や活動能力を高めていただくために、体験者の方々にあったプログラムを設けて、おおむね半日単位で疑似体験を主とした『市民防災体験』を行っています。多数の皆さんのご来館をお待ちしています。

市民防災体験の体験科目と内容

体験プログラム

半日(所要時間2時間30分)を単位として、このプログラムの中から希望される体験科目を選択し、組み合わせをします。
※ご希望により1日の受け入れも可能です。

映像体験コーナー(映像体験室)1F
映像体験コーナー(映像体験室)
京都の地震をはじめとした各種災害の歴史や恐ろしさ等について紹介します。
時間:20分
強風体験コーナー(強風体験室)1F
強風体験コーナー(強風体験室)
風速32メートルの強風下における行動の困難性を体験し、自然災害について紹介します。
時間:20分
地震体験コーナー(地震体験室)1F
地震体験コーナー(地震体験室)
震度4〜7の横揺れを体験し、地震発生時の心構えと日ごろの備えを紹介します。
時間:20分
避難体験コーナー(避難体験室)2F
避難体験コーナー(避難体験室)
ホテル火災をリアルに再現し、普段経験できない煙の中の避難行動を体験します。
時間:20分
消火体験コーナー(消化訓練室)2F
消火体験コーナー(消化訓練室)
モニターに模擬火災を映写し、消火器や屋内消火栓により消火方法を学びます。
時間:20〜30分
都市型水害体験コーナー(4Dシアター 迫りくる地下街の恐怖)3F
都市型水害体験コーナー(4Dシアター 迫りくる地下街の恐怖)
地下街に迫りくる水の恐怖を疑似体験していただき、地下空間での浸水やドア開放の困難性を体験します。
時間:20分
総合訓練コーナー(総合訓練室)2・3F
総合訓練コーナー(総合訓練室)
物品販売店舗やホテル、共同住宅など様々に設定できる模擬建物内で、火災発生時の一連の行動手順について総合的に訓練します。
時間:30〜60分
くらしの安全コーナー 2F
くらしの安全コーナー
応急手当講習会がないときは、「応急手当体験」や「住宅用火災警報器」の普及啓発コーナーとして自由に見学いただけます。
時間:40分

自由体験コーナー

いつでもご自由に体験いただけるコーナーです。上記の体験プログラムと組み合わせてご体験ください。

都市型水害体験コーナー(アンダーパスの危険性)3F
都市型水害体験コーナー(アンダーパスの危険性)
日頃渋滞しがちなアンダーパスで大雨が…!アンダーパスでの浸水の危険性や対処の方法を学びます。
防災行動体験コーナー(震災サラウンド 京都に大地震が!!)3F
防災行動体験コーナー(震災サラウンド 京都に大地震が!!)
音響とグラフィックにより、災害発生から避難所までの防災行動を体験します。
キッズ・ファイヤーランド(出勤!!こども消防隊)3F
キッズ・ファイヤーランド(出勤!!こども消防隊)
家の中に潜む火災のたまごを発見したり、火の怖さを知ることで、火遊びの防止につなげるコーナーです。
キッズ・ファイヤーランド(消防士に大変身!!)3F
キッズ・ファイヤーランド(消防士に大変身!!)
ディスプレイの前でポーズを決めると、消防服を着た自分の姿が映し出されます。(お持ちのカメラで、消防士になった姿を記念撮影できます)
なんでも消防情報館
なんでも消防情報館
ひえい号(ドーファンUN1)に乗ってヘリの操縦体験ができる消防ヘリフライトシュミュレーターコーナー。京都市消防航空隊のパイロットになって消防ヘリの活躍を体験しよう!
防災体験プログラム例を見る
体験プログラムに関するお申込み・お問い合わせはこちらまで 京都市市民防災センター:075-662-1849