防災の基礎知識

応急手当

救急車の呼び方

119番通報要領 〜あわてず、早く、正確に!〜

  1. 受話器をあげて、「ツー」という発信音を聞いてから、あわてずに落ち着いて確実に119番をダイヤルする。
  2. 何が起きたかを伝える。(例「救急です。」)
  3. 場所(住所)を正確に伝える。
  4. 現在の状況を伝える。(例「交通事故でけが人が1名います。」「腹痛を起こし苦しんでいます。」など)
  5. 名前と電話番号を伝える。
  6. 携帯電話等で通報する場合は、その場を移動したり、電源を切らない。
  7. 急にしゃべれなくなったり、指令員の声が聞こえなくなった場合は、受話器をあげたまま(電話を切らずに)受話器や近くの物をたたくなどして異変を知らせてください。

このページの先頭へ戻る