防災の基礎知識

風水害への対策

風水害対策10ヵ条

被害をもたらす台風、大雨・豪雨は、気象情報などをもとに比較的対策が立てやすいことがあります。被害をもたらすような台風などが接近するまでに時間経過があり、その間に被害を少なくする対策をとることがができます。

1.台風や大雨に関する情報を注意深く聴く。ラジオ、テレビなどの情報に注意する

2.むやみに外出せず、外出していたら行先や用件のメモを残し早めに帰宅する

3.家の周りを一周し、飛ばされそうなものは室内に取り込むか、飛ばないようしっかり固定する

4.戸や窓のすきまに幅広のビニールテープをはる。雨戸を閉める

5.停電に備えて懐中電灯やローソクを用意する。予備の電池も忘れずに

6.いつでも避難できるように非常持出品を用意する

7.浸水に備えて家財道具をできるだけ高い所に移動させる

8.お年寄りや子ども・身体の不自由な方などは安全な場所に移動させる

9.ガスの元栓を閉める

10.家族で避難場所や避難経路を確認しておく

このページの先頭へ戻る