防災の基礎知識

風水害への対策

浸水危険の地下空間

建物の地下が集中豪雨による洪水に襲われ、亡くなる事故というがありました。
平成11年の6月に、福岡市で地下街等が洪水により浸水したほか、ビルの地下に急激に水が流れ込み、女性1人が逃げ遅れて亡くなりました。次いで、7月に、東京都新宿区において同じくビルの地下に雨水が浸水し、男性1名が水圧で扉が開けられないで亡くなるという災害が発生しています。

地下浸水の特徴は・・・
地上が冠水すると一気に水が流れ込んできます。換気口、採光窓など、思わぬところから入ってくることがあります。普段から危険性を把握して、気象情報への注意が必要です。
浸水すると電灯が消えます。エレベーターは使えません。水圧がかかるとドアは非常に開きにくくなります。
避難する時期を失わないことが大切です。

  • 都市部では、アスファルトやコンクリートで固められた部分が多く、地中に浸透しないため、降った大量の雨水が一気に下水道や側溝に流れ込む。
  • 排水処理の能力を超えて流れ込む雨水は、土砂やゴミ、木片などをいっしょに巻き込んでいるため、流量とあいまって下水道や側溝を一時的に堰き止め、排水能力を阻害して、あふれることがある。
  • これらのあふれた水が、地上や地下街、地下室などに流れ込み、短時間に水中に埋没させてしまう。

このページの先頭へ戻る