防災の基礎知識

地震への対策

こんなときに地震が起こったら

入浴していたら

  • 洗面器やタオルで頭を守り、鏡や窓から離れる。空間の柱が多く、倒れることは少ないので、落ち着いて、揺れが収まるまで待つ。
  • ドアや窓を少し開けて、逃げ道も確保しておく。裸でいる間は窓ガラスや鏡の破片に注意する。

トイレにいたら

  • 家の中では比較的安全な場所なので、あわてて外に飛び出さない。
  • 手で頭を保護し、ドアや窓は脱出用に少し開けておく。
  • 頭上にタンクがある構造のトイレは、落下するおそれもあるので早めに脱出する。

就寝していたら

  • 布団や枕などで頭を守りながら、転倒のおそれがある家具(タンス、鏡台など)からできるだけ離れる。
  • ベッドで寝ている場合は迷わずベッドの下にもぐり、揺れがおさまるのを待つ。

台所で調理していたら

  • すぐに火が消せる場合は火の始末を。
  • ただし、大きな揺れの場合は身を守ることが最優先。
  • テーブルなどの下にもぐり、なべ、お盆、クッションなどで頭を保護する。
  • 揺れがおさまったら火の始末をする。
  • 床に飛び散った熱湯やコップ、皿、茶碗などの落下物にも注意を。

こどもやお年寄りと一緒にいたら

  • 大きな揺れの場合、子どもはパニック状態に陥り、予想外の行動をとることがある。
  • 手をつなぐ、抱きかかえるなど絶対にそばを離れないようにし、たえず声をかけて安心させよう。
  • 病人やお年寄りの場合も、同様に声をかけて不安感を取り除く。

車を運転していたら

  • 地震を感じたら、徐々に車を左へ寄せてエンジンを停める。
  • 揺れが収まるまで車外へ出ない。カーラジオ等で情報を得る。
  • 避難するときは、車にエンジンキーを付けたままで、ドアロックをしない。

電車に乗っていたら

  • 急停車することもあるので、つり革や手すりにしっかりとつかまる。
  • 電車が止まったら、係員の誘導に従って落ち着いて行動する。
  • あわてて、非常ドアコックを開けたり、窓から車外へ出たりしない。

海岸や崖付近にいたら

  • 速やかにその場から高台などへ避難する。
  • ラジオや場内広報で津波情報を聞く。
  • 津波情報が解除されるまで絶対に低所や海辺に近づかない。

地下街にいたら

  • 構造上つぶれる心配はなく、出口も一定間隔にあるので全部がふさがることもないので、落ち着いて、ガラスや照明器具を避けて壁や柱の陰に身を寄せる。
  • 停電になっても非常用照明がすぐ点くので、落ち着いて係員の誘導に従う。
  • 火災が発生したり、煙が出てきたときは、鼻や口をハンカチ等で覆い、身をかがめて避難する。

映画館・劇場にいたら

  • 揺れが収まるまでイスの間にしゃがみ込み、頭を守る。
  • 揺れが収まってもあわてて出口に行かず、係員の誘導に従う。
  • 火災が発生したり、煙が出てきたときは、鼻や口をハンカチ等で覆い、身をかがめて避難する。
  • エレベーターは動いていても乗らないで、階段やエスカレータを使う。

百貨店・ショッピングセンターにいたら

  • 倒れやすいショーケースから離れて、カバンやバッグなどで頭を守る。
  • 近くの丈夫な机などの下に潜り込むか、はしらや壁際に身を寄せる。
  • あわてて出口に行かず、係員の誘導に従う。
  • 火災が発生したり、煙が出てきたときは、鼻や口をハンカチ等で覆い、身をかがめて避難する。
  • エレベーターは動いていても乗らないで、階段やエスカレータを使う。

エレベーターに乗っていたら

  • 万一、階の途中で止まったら、あわてずにカゴ内の連絡用送受話器で連絡を取り、係員の指示に従って救出を待つ。
  • 天井の点検口やドアをこじ開けてカゴから無理に出ようとしない。

このページの先頭へ戻る