防災の基礎知識

我が家の防災対策

家族で防災の話し合い

一人ひとりの役割分担

  • 日常の被害予防対策上の役割と災害時の役割の両方について決める。
  • 災害時の避難に支障のあるお年寄り、病人、小さな子どもがいる場合は、だれが保護を担当するかなども話し合う。

我が家の危険診断

  • 家の内外をチェックして危険箇所を確認し合う
  • 危険箇所については、修理や補強の方法についても話し合う。

家具の安全な配置と転倒防止

  • 家具の配置換えによって家の中に安全なスペースをつくれないか工夫する。
  • 家具の転倒や落下を防ぐ方法を考え、そのための工夫などがあれば教え合う。

非常持出品のチェック

  • 家族構成を考えながら必要な品がそろっているかをチェックする。
  • 定期的に新しいものと取り替える必要があるもの(食料、水、乾電池など)は、だれが担当するかなども話し合う。
  • 建物倒壊に備えて分散配置をする。

いざというときの連絡方法と避難場所の確認

  • 学校や仕事など家族が離れているときの連絡方法や避難場所を確認しておく。
  • NTTの災害伝言ダイヤル(171)も忘れずに。避難場所や順路の危険箇所がないかなど散歩がてらに下見をしておく。

このページの先頭へ戻る