防災の基礎知識

我が家の防災対策

避難するときの8つの知恵

1.もう一度火の元点検、電気のブレーカーを切る

  • 地震直後停電していても電気の通電再開は早い。
  • 倒れた家財の中に器具スイッチが入った状態の電気製品があったりすると、通電再開後、思わぬ火事の種になることがある。
  • 熱帯魚のヒーター、電気ストーブなどから火が出た例もある。家のブレーカーを切って避難を。

2.避難先や安否情報を書いた連絡メモを残す

  • 避難先や連絡先を書いた紙をドアや壁に貼るか書く。
  • 171災害伝言ダイヤルを使う。

3.安全な服装、頭や手足の保護を

  • 季節に関係なく長袖、長ズボン、手袋、ヘルメットなどを着用して、とがった破片や落下物などから身を守る。

4.荷物は背負って、必要最小限に

  • リュックなどに詰め、手の動きを自由にして、避難行動を容易にする。

5.車は使わず徒歩で歩く

  • 道路は、救急車、消防車、警察パトカー、救援物資搬送車など緊急通行車両に譲る。
  • 運転中に避難するときは、エンジンを切ってキーを付けたままにする。

6.お年寄りや子ども・障害のある方は背負うか、しっかりとひもで結ぶ

  • 手と手をつなぐのはかえってお互いの行動の自由を奪って危険を増す。

7.堀ぎわ、狭い道、川そばの道をできるだけ避ける

  • 塀が倒れてきたり、路肩、護岸肩が崩れることがある。

8.指定された避難場所に避難する

  • 家族の連絡や安否の確認が容易になるとともに、応急物資、救急医療など避難生活の迅速な支援につながる。

このページの先頭へ戻る