防災の基礎知識

我が家の防災対策

家具の安全な配置

寝室、子供やお年寄りのいる部屋には家具を置かない

  • 就寝中に地震に襲われると危険が大きい。
  • 子どもやお年寄り、病人などは逃げ遅れる可能性がある。

家の中に安全なスペースを作る

  • 家具は人の出入りが少ない部屋にできるだけまとめて置く。
  • あまり使わない家具は、処分することも考える。

家具の安全な配置と転倒防止

  • 畳の上に置くより板の間に置くほうが倒れにくい。
  • 畳の上に置く場合は、家具の下に板を敷くなど工夫をする。
  • すべりやすい家具の脚には、すべり止めの器具をつける。

家具は壁や柱にぴったり付けておく、家具の重心を後ろ側に傾けておくのも有効

  • 家具と壁や柱の間に遊びの部分があると倒れやすい。
  • 家具の下に小さな板などを差し込んで、バランスをとりながら壁や柱に寄りかかるように固定する。

玄関や廊下などには家具を置かない

  • 出入り口や通路に家具を置くと、転倒などでいざというとき通れなくなる。

このページの先頭へ戻る